シミにも種類があるのでしょうか?

シミ対策はエイジングケアにおいてもっとも重要で難しいものといってもよいでしょう。それだけに改善よりも予防の方が重視されますが、その予防ではシミの違いについても適切に把握しておく必要があります。自分ができやすい、あるいはできてしまったシミの対策に相応しい方法を選ばないと見当違いのケアで効果が得られず、どんどんシミが悪化してしまう恐れもあるからです。

紫外線のダメージによって茶褐色をした色素が角質に沈着を起こすことでシミになってしまう老人性色素斑

シミの種類

シミとひと口に言っても原因や症状によっていくつかの種類に分けることができます。

 

わたしたちが一般的にシミと呼んでいるのは「老人性色素斑」と呼ばれるもので、一般的に紫外線のダメージによって生じます。

 

紫外線を浴びるとそのダメージから肌を守るためにメラニン色素の生成量が増加しますが、この茶褐色をした色素が角質に沈着を起こすことでシミになってしまうのです。

 

メカニズム上では日焼けと同じ形となりますが、問題なのはメラニン色素の生成量が過剰になるとターンオーバーで排出させることができず、角質層に沈着を起こしてしまう点です。

 

また年齢を重ねると多くなるのはバリア機能の低下で紫外線のダメージを受けやすくなることと、ターンオーバーの乱れによってメラニン色素が排出されにくくなることが原因です。

 

それだけに対策では美白成分だけでなく、保湿対策によるバリア機能の改善やストレスの解消睡眠環境の改善によるターンオーバーの活性化といった対策も重要になってきます。

ホルモンの乱れによる肝斑など美白化粧品だけでは改善ができない場合があるので注意が必要

シミの種類

それから30代後半ころになると増えてくるのが肝斑です。

 

これは目の下にできることが多く、左右対称でシミができるのが大きな特徴です。原因はまだはっきりと解明されていない部分もあるのですが、ホルモンとの関係が深いといわれており、ホルモンバランスの乱れピルの服用などが引き金になってできるケースが多く見られます。

 

そのため対策が難しく、治療方法としては美白成分のトラネキサム酸が広く用いられています。美白化粧品だけでなく、医療機関で経口薬として服用されることもあります。

 

もうひとつ、現代社会で増えているのが炎症が原因によって生じる炎症性色素沈着です。ニキビ跡の一種でもあり、炎症ができた部分が色素沈着を起こしてしまったもので、炎症が収まると自然に薄くなっていくのが一般的ですが、それまでにかなりの時間がかかってしまい、シミの状態によっては跡が残ってしまうこともあります。

 

ほかには50代を過ぎると増えてくるイボのように硬く飛び出した形になる脂漏性角化症も挙げられます。これはもともと老人性色素斑だったものが皮脂と混ざり合うことで硬くなることで生じるもので、一度できてしまうとレーザー治療など医療機関による施術以外では改善するのが難しく非常に厄介なタイプのシミとなっています。

セラミド配合サプリ口コミ人気ランキング

 

セラミド配合サプリ口コミ人気ランキング

日清食品 モイストフュージョン

セラミドサプリおすすめ

化粧品では間に合わなくなった乾燥肌に!セラミド・ヒアルロン酸高配合美肌サプリ
5,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,950円)税別
>>モイストフュージョンの公式HPで詳しく見てみる!
ピュアセラミド

セラミドサプリおすすめ

米や小麦より圧倒的なセラミド含有量!こんにゃく芋抽出のセラミドサプリ
4,094円→2,040円・税込(定期初回価格)
>>ピュアセラミドの公式HPで詳しく見てみる!
セラミドファイン

セラミドサプリおすすめ

セラミドだけじゃない!パイナップル由来や植物由来の美容成分・ビタミン配合サプリ
6,300円→1,980円・税別(定期初回価格)
>>セラミドファインの公式HPで詳しく見てみる!